IPO投資とは一体?儲かるの?

投資、株

皆さんこんにちは。今回は非常に人気のある投資方法、IPO投資についてメリット、デメリットをまとめていきたいと思います。

IPO投資とは

まずIPO投資とは一体何なのか皆さんはご存知でしょうか。IPOとは日本語で言えば新規公開株や株式公開と言われるものです。簡単に言うとこれから市場に新しく上場する株式のことです。

これらの新規に上場する株式は、売れ残りの無いよう割安価格で投資家に売却されます。そのため上場後は高確率で価格が上昇すると考えられます。こうした傾向を利用し、上場前の株式を割安で購入し、上場後に高値で売却することで利益が得られます。こうした投資方法をIPO投資と言います。

IPO投資のメリット

IPO投資の最大のメリットは高確率、大きな値上げであると言われています。過去のデータを参考にすると、ここ数年間は約9割近くが公開価格を初値価格が上回っているということがわかります。公開価格で購入し、初値で売却するだけで約9割近くの勝率で利益を得ることができるのであればかなり有効な投資方法です。

また過去の例では、2017年のトレードワークスの株価は公開価格2200円に対し、1万3600円と約6倍の値をつけたこともあります。100株の購入でも単純計算で100万円以上の利益を得ることになります。

このようにIPO投資は公開価格を初値が上回る可能性が高いため、儲かりやすい投資と言われています。

IPO投資のデメリット

株式投資にこんなヌルゲーがあっていいのかと思ったあなた。正解です。そんな簡単に儲けられる話はありません。ちゃんとIPO投資にもデメリットはあります。

IPO投資をしたとしても初値が公開価格を割り込むことももちろんあります。例としてリーマンショックのあった2008年では、IPO投資の勝率は約4割と低くなっています。このように市場の状況によってIPO投資も有効ではなくなることもあります。

そして、IPO投資最大のデメリットは新規公開株式を購入しようとしても、購入の需要が高すぎて購入が抽選となってしまうことです。私も今年20件以上購入の応募をしていますが1件も当選していません。

ただし、購入できなかったとしても特にマイナスはありませんので、考え方によってはデメリットではないかもしれません。

まずは口座開設!

ここまでIPOのメリット、デメリットについて語ってきましたが、まだ株式投資を始めていない人は証券口座を開設することから始める必要があります。私はSBI証券に口座を開設していますが、数多くの証券会社がありますのでご自身でしっかり検討し、より良い投資生活を送ってほしいと思います。

株式投資についてまだよくわからない方の参考になれば幸いです。ではまた違う記事で会いましょう!

コメント