ふるさと納税

雑談

はじめに

皆さんはふるさと納税をしたことありますか?

ふるさと納税に対して、関係のない市町村に払いたくないとかお金持ちの人しか得しないとかっていうネガティブな意見をよく聞きます。

今日はこのブログの内容とは少しズレてしまうかもしれませんが、ふるさと納税のメリットについてお話ししたいと思います。収入があり得をしたいと思う人はやった方が良いと思います!

ふるさと納税とは?

もともと皆さんは住民税や所得税を支払っていますよね?ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度なんです。

手続きをすると、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。

また、あなた自身で寄付金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みなんです。

つまり簡単に言うと、実質2000円でいろんな地域の特産品を選んで貰うことができる制度なんです。

もともと税金として支払うことが決まっている分については、どうせ払うならふるさと納税として支払った方が得ですよね。

ふるさと納税の商品

実際に私が選んだ商品はトイレットペーパー12袋、お肉、米、もつ鍋、蟹などです。結局どれがよかったかというと、お米とトイレットペーパーですね。笑

いろいろご飯も美味しいんですけど、日用品の方が助かります。

ふるさと納税の注意点

注意点としてふるさと納税できる額に上限があります。これは簡単にシミュレーションするサイトがあるので調べれば出てきます。

ちなみに私は年収約400万で上限が約5万円です。

また、注意点として、商品の値段がスーパーとかよりも高くなっていることが挙げられます。これは国から定められた値段の割合があるので仕方がないです。決して損している訳ではありません。

手続きについて

ふるさと納税では申し込みをして、商品が届いた際に手続きが必要となります。

本来は年末に確定申告を自ら行う必要があるのですが、めんどくさいので救済としてワンストップ特例制度があります。

ワンストップ特例制度は、年間の寄付先が5自治体までなら、確定申告をしなくても、寄付金控除が受けられる仕組みです。

申請書・本人説明書類を寄付した自治体に送ることで、控除上限額内で寄付した合計寄付額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。

簡単ですよね?やらなきゃ損です。

最後に

ふるさと納税制度には良い声も悪い声も聞こえてきますが、個人的には必ずやるべきものだと思っています。国が作った制度ですからね。

まずは自分のふるさと納税できる限度額を知り、どんな商品があるのか調べることから始めましょう!

ではまた次の投稿で!

コメント